秋田の税理士へ相続税対策のご相談を

秋田の税理士が相続税対策のご依頼をお受けします

秋田税理士相談し、事業承継・相続税について事前に対策をしておくことは非常に重要です。なぜ相続税対策が重要となるのか、今後どのような対策が求められるのかをご説明します。

事業承継に向けて相続税対策が不可欠

事業承継に向けて相続税対策が不可欠

事業承継においては相続税の負担が大きくなりがちです。特に同族会社では一般的な相続に加え、自社株の相続問題が大きく関わってきます。

相続が発生すると現金や不動産、有価証券などの個人資産だけでなく自社株も相続財産に合算され、相続税が課税されます。株式の評価額が高ければそれだけ相続税も増えることになり、資金不足のために自社株そのものを売却し、経営権を手放すという事態にもなりかねません。将来の事業承継を円滑に行うためには、事前の相続税対策が不可欠です。同族会社では自社の株価を算出し、株価を引き下げるための対策を講じる必要があります。

平成27年1月から相続税改正によって最高税率が引き上げられ、基礎控除額がこれまでの「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」から「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に引き下げられました。そのため相続税対策はより重要性を増しています。

今からできる相続税対策とは~確定申告への対応も忘れずに~

今からできる相続税対策とは~確定申告への対応も忘れずに~

一般的に考えられる相続税対策として、まず株価の引き下げが挙げられます。配当を減らす、含み益を減らすといった方法により自社の株価を引き下げれば、課税される税額を抑えることが可能です。特に、株価対策は事前に対策をしているか否かで将来の納税負担額が変わってきますので、早めの対策を心がけましょう。

また、相続税は原則として現金で納税しなければならないため、生命保険の死亡保険金などを活用し、早めに納税資金を確保しておくことも有効です。相続税は専門性が非常に高い分野であり、確定申告においても注意すべき点が多くあります。会社にあった相続税対策を行うには、専門家である税理士に相談した上で実施することをおすすめします。

秋田で税理士をお探しなら泉田公認会計士・税理士事務所へ
~顧問業務内容や費用についてはご相談ください~

秋田で税理士へのご依頼をお考えなら、秋田県横手市にある泉田公認会計士・税理士事務所にご相談ください。税金のプロフェッショナルとして豊富な知識と経験を基に、相続税の確定申告をはじめとする税務業務をサポートし、お客様の負担軽減に努めます。相続税の申告手続きでは聞き慣れない用語を多く目にすると思いますが、安心して手続きを進めていただけるよう税理士が親身に対応いたします。顧問契約時のサポート内容や費用などご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

秋田で税理士を探しなら

事務所名 泉田公認会計士・税理士事務所
住所 〒013-0027
秋田県横手市平城町10番24号
Tel 0182-38-8176
URL http://www.izumida-cpa.com

コンテンツ