秋田の税理士が教える確定申告のポイント

秋田の税理士が確定申告で注意すべきポイントをご説明します

秋田税理士にご依頼いただければ、税務顧問業務として毎年の確定申告をサポートいたします。以下で確定申告の際に注意したいポイントをご説明します。

申告漏れや修正申告のペナルティに注意

申告漏れや修正申告のペナルティに注意

毎年1月1日から12月31日までの1年間に得た所得を計算し、納税額を確定する手続きが確定申告です。確定申告には税金を納めるだけでなく、納め過ぎた税金が還付されるという側面もあるので忘れずに申告しましょう。

確定申告の期間は原則翌年の2月16日から3月15日、還付申告は原則翌年の1月1日から5年間で、この期限内に所在地を管轄する税務署で申告を行います。確定申告を忘れて申告漏れを指摘されると、無申告加算税や延滞税、重加算税が課される場合があるため注意が必要です。また税務調査後に修正申告を行ったり、税務署から納税額の更正を受けたりした場合は、新たに納める税金の他に過少申告税が課されることもあります。

このような申告漏れやミスを防ぐためにも税理士に相談されることをおすすめします。

青色申告を利用し、費用を漏れなく計上する

青色申告を利用し、費用を漏れなく計上する

確定申告には青色申告と白色申告の2つの方法がありますが、当然ながら節税の基本となるのは青色申告です。

青色申告では帳簿の付け方により10万円もしくは65万円の特別控除を受けることが可能で、他にも純損失の繰越控除や特別償却など様々な特典があります。事前の申請書提出や帳簿付けなど手間はかかりますが、税制上の優遇措置を受けられる青色申告をおすすめします。

また、確定申告で損をしないためには必要な費用を漏れ無く適正に計上することが重要です。家賃・会議費・交通費・消耗品費などが主な経費となりますが、他にも事業に必要なものであれば経費として認められます。個人事業主では経費の計上漏れが多々見受けられますのでご注意ください。

秋田で税理士に税務顧問業務を依頼するならご相談ください

秋田で税理士をお探しでしたら泉田公認会計士・税理士事務所にご依頼ください。確定申告、税務調査、相続税に関するご相談の他、会計の専門家として税理士の知識を活かした経営アドバイスを行っております。秋田県秋田市、仙北市、大仙市、横手市、湯沢市、由利本荘市などを中心に対応いたしますので、税務顧問のご依頼をお考えの方はお気軽にお問い合わせください。

秋田で税理士を探しなら

事務所名 泉田公認会計士・税理士事務所
住所 〒013-0027
秋田県横手市平城町10番24号
Tel 0182-38-8176
URL http://www.izumida-cpa.com

コンテンツ